調剤薬局とドラッグストアの働き方の違い

薬剤師の求の種類

薬剤師の求の種類 | ドラッグストアの場合

薬剤師の求人にはいくつかの種類があります。
私は最初調剤薬局で働いて、その後はドラッグストアに移りました。
調剤薬局とドラッグストアの仕事には、大きな違いがあります。
調剤薬局の場合は、名前の通り調剤の仕事が中心になります。
医師の処方箋に従って、患者さんの薬を用意します。
それ以外の仕事は、患者さんに薬の飲み方について説明することです。
副作用についても話します。
患者さんが質問したら、それに答えるのも大切な仕事です。
これらの仕事以外に担当するものはありません。
ただし、管理薬剤師になったら、薬の管理や金銭の管理、その薬局の人事を担当します。
ドラッグストアの仕事にも調剤はあります。
しかし、それ以外の仕事が多いです。
店舗に薬を買いに来るお客様に、説明をする義務があって、それはドラッグストアで働く薬剤師の一番大切な仕事の一つです。
特に第一類医薬品を販売する場合は、薬剤師が必ず説明をしなければなりません。
この種類の薬には、日常生活に支障をきたすほどの副作用が出ることがあるからです。
ドラッグストアの仕事には、接客もあります。
店舗に来たお客様に気持ちよく接して、また来店して頂くようにするのは重要な仕事です。
調剤薬局からドラッグストアに移った時は、この接客が一番苦労しました。
私はどちらかという無口な方なので、お客様とどんな話をして良いのか分からなかったです。
店舗の管理も担当します。
ドラッグストアで取り扱っている商品ができるだけ多く売れるように、陳列を工夫しなければなりません。
この仕事は店で働いているパートの方たちと相談して、やっていました。
POPを使って、売りたい商品をアピールしたこともあります。
POPなどそれまでしたことがなかったのですが、売り上げを伸ばすために必死になってやりました。